嫌がらせ 信じられない!! まず自分を守ろう!!

ひろやんです(35歳から4人の子育て挑戦中、専業ママ)

周りに流されず、自分の人生、自分らしく作っていきたい、そんな私の毎日の挑戦がどなたかのお役に立てば幸いです

この記事でわかること

職場、学校、ご近所から嫌がらせを受けていると感じる人

  • 我慢するしかないのか。。。
  • 苦情を言うのもなんだかややこしくなりそう。。。大人げない???
  • なんでこんなことされないといけないのか。。。
  • こんなことできる人、信じられない

そんな想いを抱えている方へ

まず、自分の心のエネルギーをそんな理不尽な相手に吸い取られないようにしましょう

という対処法を書いています。

実際3年間ご近所からの嫌がらせに苦しんで、

ようやく安心した暮らしにもどりつつある(まだ現在進行形で嫌がらせはゆる~く続いていますが)私の実行したことが、

どなたかの問題解決のヒントになれば嬉しいです。

信じられない嫌がらせ

嫌がらせ

どうして私がこんな理不尽な思いしないといけないのか。。

こんなことが出来るなんて、信じられない。。。

モヤモヤ、イライラ、腹が立つ、惨め。。。

やり場のない気持ちに追いやられてしまいます。

相手の“思うつぼ”にはまっていないだろうか?

踏みつけられてる気分??

やり場のない想いに飲み込まれて、

怒りや、不信感を相手にぶつけるように現わしてしまったり

理不尽な思いを抱えながらも我慢したり、いつされるのかと小さくなったりしていませんか?

もしそうなら、

それは、嫌がらせをする相手にとって、思うつぼ、です。

相手はあなたを困らせたり、嫌な思いにさせて、何かしらのストレスなどを発散しているのです。

まず、そのことを、心に置いてください。

嫌がらせをする相手のために、自分の人生の大切な時間、無駄に疲れて過ごしたくないですよね。

まずは ”自分を守ろう”

自分の心を大切にしよう

そこでお伝えするのは

自分を守ろう”

ということです。これが最優先事項です。

自分を守るのは、自分しかいません。

ましてや今は、嫌がらせを受ける、という緊急事態なんです。

”自分を守る”とは?

”自分を守る”と聞いて、どんなことを考えますか?

  • 相手にしないこと、完全なる無視、相手を自然に避けること
  • ちらの行動を相手に知られないようにする
  • 相手を観察して、嫌がらせから遠ざかる工夫をする

順番に説明していきます。

完全無視

可能であれば、もう、挨拶をしなくてもいいです。

それができないのであれば、軽く会釈だけ、目を合わせる必要など当然ありません。

話かけてきても、軽くあしらって、その場を離れましょう。

嫌がらせをされたそのときはどうしても、腹が立ったり、怖くなったり、しますが、

少しづつで大丈夫です

他のことで、

「私はもうあなたのことは相手にしません」という意思を伝える心構えで、過ごしましょう。

このときに大切な2つの心構えを、記事の後半で説明していますので、ぜひ、読んでください。

こちらの行動を知られないようにする

その他に、できる工夫としては、

こちらの行動をできるだけ相手に知られないようにする

ことです。

嫌がらせをする相手は、こちらの行動を細かいところまで観察している可能性が高いです。

相手を嫌な気持ちにさせるために、いつ何をしたらいいのか、をいつも考えています。

ご近所なら、こちらの自転車や車があるかないかで、こちらの不在、在宅をチェックしたりしていますよ。

こちらの行動が安易に相手にわかってはいないでしょうか?

相手を観察する

逆に、

どういうタイミング、どういうときに、嫌がらせをされるのか、こちらのことをいつ観察しているか、など

こちらから相手を観察して、行動パターンを知るのも手です。

(相手に気づかれないように、観察してくださいね)

そして、

相手の行動にあわせて、自分の行動を知られないようにすることと並行して、

嫌がらせをさけるために、自分はどう動けばよいかを考えてみてください。

大切なこと 2つ

なにより大切なその本質は

相手の行動に振り回されない = 相手に自分のエネルギーを奪わせない

相手の思うまま、されるがまま、に屈するのではない姿勢を少しづつ示していくことです。

それともう1つは

相手を刺激しないこと

です。

あなたの行動に振り回されない、という強い意志を持つということは、対抗することではありません。

相手を責める気持ちでもなく

被害者ぶるわけでもなく

勝とうとこちらから何かをしかけたり

(そうしていること自体もう、相手の行動に振り回されていますからね)

そういう相手に刺激を与えることは避けてください。

たんたんと、ただただ、私はあなたの行動に動じません、という自分を示すことです。

相手を責めたり、変に被害者ぶった対応をとってしまうと、

相手にこちらが嫌な思いをしている、ということを知らせることになって、相手からすると、「こうすると嫌がるんだなしめしめ」と、嫌がらせを助長してしまいます。

なので、相手を観察して、自分のこういう行動に対して相手はなにかをしかけてくるんじゃないか、ということを探してみてください。

そして、

その行動を、相手の前ではやらないようにすることで、相手は、嫌がらせができなくなっていきます。

で、ここでまたいいますが、

相手を刺激しないことです。

刺激すると、ますますの嫌がらせを、他のタイミングでしかけてくるようになるだけです。

嫌がらせの対処方 まとめ

いかがでしょう

何より自分を守ることが大切

「あなたの行動に私は振り回されません」の強い意志

相手を刺激しない

その上で、嫌がらせを避けるための工夫をしていくこと

気長に待つことも大切です。時間をかけて、対処していくことです。

こちらの態度が変われば、相手の態度も必ず変わってきます。

突然の嫌がらせに、思わず反応してしまうこともあります、

ふいをつかれた嫌がらせに驚くこともあります。

でも

めげないで

私はあなたに振り回されません、という強い心を作っていってください

嫌がらせされるたびに、

私はあんたにふりまわされません、私は私の人生を懸命に生きるのにいそがしいですから!!

という気持ちを確認していってください。

相手も1人の人間です。

しかも、おそらく、なにかしら自分の人生に満足できていないから、そうやって人に嫌がらせをして自分のことを慰めているかもしれません。

そんなお話はまた別の記事に書きたいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

掌のジンジャークッキー

人との距離の取り方や、私のご近所からの嫌がらせ体験談なども、これから記事にしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です