「ひとりが楽」は変じゃない 自分を持とう

掌のジンジャークッキー

こんにちわ^^35歳から4人の子供を授かり、子育て挑戦中、専業ママひろやんです^^

本当は1人が好きなんだけど、みんなは集まって楽しくやっているし、

1人が好きって割り切ってしまうと、友達がいなくなりそう。。。

そんなことを考えていませんか?

違いますよ^^

この記事では、4人の子育てがとても辛くなって、周りの人が羨まし過ぎたり、誰を見ても自分のダメさばかりが見えてしまい、愛想笑いもできなくなって、人とのつながりから遠ざかるしかできなくなった私が

本当は自分が想うように生きていきたいと気付き、周りに合わせることを止めていったら、自分をもてるようになり、その結果、なんでも話せる友人が増えてきました

今、本当に、人間関係がツライなら、人生を変えられるチャンスかもしれません。

学生や独身の方にも、これからをどう生き抜いていけるのか、ヒントになれば幸いです。

ひろやん

「あ~そうか、人間関係って。。こうやって、成り立っていくのか。。!!」の発見をお伝えします

1人でいたい自分はなんか変??

きっと、この記事を読んでいる人は、なんらかの理由があって、1人が好き、1人が楽、と思っている、でも

友達がいないのも寂しいから

なんとなく周りに合わせて生きてしまっている。。。

そんな方でしょうか。

  • 1人が好きな自分を、
  • なんか変わり者、みんなと違うのかな
  • 私がみんなより劣っているから?

というように受け止めてしまっている人もいるのではないでしょうか。

全然、そんなことないのです。

無理しているのが普通になってない??

周りに合わせている、ということは、自然と、無理している、それが普通になっていませんか?

  • ちょっとしたことだから大したストレスにはなっていない
  • 少しだけ、自分が我慢すればよいこと
  • 嫌なこと言われても、笑顔で流していたらいい、とりあえず

そんな風に思っていないですか??

実は、その小さなストレス、塵も積もれば山となる、なんです。。。

心身に問題がないときは、全くといっていいほど感じることができないストレスです。

体調を壊してしまったり、心身のバランスが崩れてしまったとき、

「愛想笑いも、心の傷を我慢して自分の心にしまっておくことも、元気じゃないとできないんだったなって」「しんどいから、もうこんな自分では人には会えないや。。。」

初めて、そのストレスを、痛感します。

自信は育てることができる

周りに合わせてばかりいたのでは、

自分をどんどん見失い、自信をどんどん無くしてはいませんか?

みんなと一緒じゃなくて大丈夫、人と違って大丈夫です。

自分を持つ、というと

自己主張をする、ワガママになってしまわないか。。。

そんなイメージを持つかたもあるでしょう。

でも自分を持つ、というのは

自分は自分で大丈夫自分と違う相手を責めて自分を正当化する必要もない

そういう気持ちで、ありのままの自分、ありのままの相手を、その場で大切にしていくということです。

大事にしてくれる人は誰?

周りに大切にされていると感じますか?

自分は我慢ばかりで、相手を許すばかりで

でも、それが私の場合は普通なんだ,それでいいんだ、と思っていませんか?

違うんです。

あなたも大切にされていいんですよ!!

その他大勢の人ではなく、あなたを大切にしてくれる人をまず、大切にしていきましょう!

自分を持てばご縁はやってくる

みんなに合わせているから、友達ができる、孤独にならないとおもってはいませんか?

実は、違うようです。

自分を持てば、ご縁はむこうからやってくる

そうなんです。自分から作らなくても、ご縁はやってきます。

何より大切なことは、自分を大切にすること、自分を持つ、ということなんです。

そしたら、

自分はどういう人と話をするのが楽しいのか、どう時間を使うことが有意義だと感じるか

そういう感覚が似ている人と、知り合いになることができるようになるんです。

無理して話を合わせたり、気を遣い過ぎたりしない、

お互いを大切にしあって、話ができたり、一緒に時間を過ごせる相手と出会えるのです。

まとめ ひとりを大事にしてみよう


無理しないってこんなにラク~

少しづつ、1人時間を大事にしていきませんか?

1人が好きな人がいれば、大勢が好きな人もいるのです。

日本は、文化として、周りとの協調を大切にするので、どうしても、輪を作って和を保とうとするのが常識、な部分が多いですが

1人が好きな自分、1人が楽な自分、ありのままをまず、自分で認めてあげてくださいそれがあなたの個性です。何も恥じることはありません。

自分を大切にできるようになると、必ず、自分を大事にしてくれる友人と会うことができます

少し孤独感を感じる時期もあるかもしれませんが、必ず、自分を大事にして相手も大事にできる関係が、むこうからやってきます。

その日まで。。。古い自分を横にやって、新しい自分で、生きる挑戦をしてみませんか?

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

私は、HSP気質のことを知って、随分自分を知り、受け止めることができるようになりました。

関連記事→私ってHSPだったの??そういうことか!!(製作中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です